2018年09月30日

最賃24円アップ at 秋田県

明日から10月。

恒例の最低賃金の改定だが 今年はなんと24円アップの762円。
過去最高の上げ幅にビックリだが 全国的に見れば まだまだ低いという感じだ。
何しろ 秋田県は何年も前から時給800円を目指しているわけで。
この上げ幅からすると 800円到達までには まだ2年はかかる計算だ。


最賃2018.10〜.jpg

10年前から見ると 実に133円も上がっているのだが 果たしてそれが実感できているのだろうか。
景気が良くなったという話も聞くが 去年から今年を見ると 年金が上がっていない。
年金額は 物価の他に賃金の変動も見て改定するルールに変わった。
そういうことから見ると 賃金が上がっていないと見るべきだろう。

景気が良くなったとしても 会社の内部留保が膨らんでいるだけで 賃金に回らない。
労働分配が66%に留まっているという数字もある。
経営者は 万が一のために とか言って 労働分配もしなけりゃ 設備投資もしない。
漠然と税金だけ払っているのか? よくわからん。
まあ バブルだリーマンショックだと そういう経験をしたなら ネガティブになるのもわからなくもない かな。

昨日?の地元紙にも出ていたが 有効求人倍率が1.7×だそうで 人材不足が慢性化しているなかで 人口減少 少子化 高齢化とポジティブなネタが浮かんでこない。
こんな能代を どうしていくんですか? って話だ。


posted by じゃんくす at 15:31| 秋田 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

いやぁ 参るわ・・・

親しくしていた先輩が亡くなった。

あんな組織にいながら 数少ない“まともな人”で・・・

(だからこそ?)叩き上げでトップまで行った人で・・・

7月に一緒に飲んだ時は 検診の結果も良好だって言ってたのに・・・

なんだよぉ・・・先輩

還暦迎える前に逝くなよ・・・

年金もらう前に逝くなって・・・




やっぱ そういう歳なのかね・・・。

8年前に ガキの時から濃い付き合いだった後輩が亡くなって

7年前に 成二が逝って 6週間後に三田が逝って

去年 これまた濃い付き合いだった後輩が逝って

なんなんだろうね。



まあ それほど遠くない将来 そっちで会えると思うんで また飲みましょうよ 先輩

合掌(-人-)


ラベル:能代
posted by じゃんくす at 22:59| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

松島や ああ (以下略w)

あんだけ仙台に行ってるのに 松島だけは行ってなかった。
生憎の雨模様。
つくづく 写真がヘタクソでヤになるwww


でも 肉眼で見た方が絶対いい!
(写真がヘタクソなのを そんな言い訳でカバーするなw)

そして こちらが瑞巌寺!!!



国宝だからねぇ。
中は撮影禁止ってことで 外観を。


あと かなり昔から気になってた オルゴール博物館。
実は とっくに無くなっていて・・・知らなかったw
で リニューアルしたらしく 寄ってみた。
名前も変わってますた。




なんか 手回しのかわいらしいオルゴールがいっぱいあるのを想像してたんだが とんでもない!
高さ5メートルとか 幅9メートルとか・・・へ? 何それ?
これ 建物じゃねーの? ぐらいデカいし 電動で空気を入れて パイプが何百本とか・・・
もう パイプオルガンの世界ですた。
音も メッチャでかいっすw



てことで 松島旅行ですた。




posted by じゃんくす at 21:19| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

アタマに血が上る2

< つづき >

オレはこうやってヤツを焚きつけておいて フォローはしなかった。
なぜなら オレは関係者じゃないから これ以上踏み込めるはずもない。
あとは ヤツに任せるしかないのだ。


しばらくして 関係者の一人から「ヤツのその後」について聞いた。
不本意な結末を迎えるらしい と。
まあ オレにしてみれば

( ゚Д゚)ハァ?

な 話である。
まあ でも それはそれとして向うの犯罪については別に考えてるらしいことも聞いた。
当たり前というか いたちの最後っ屁は必要だろう。

これはヤツのためでもあるが それより上司とその一派に犯罪を自覚させる意味の方が重要だと思う。
こんなことがまかり通って それを当然のことだと思っているのは 同じ人間として教えてあげなければならない。

いや オレは教えてあげないけどwww


ここに来て 別の話が。
この組織の長に責任問題が浮上する。
いや 当然と言えば当然。
オレが当事者だったら・・・上司とその一派なら責任追求を考えるし 長だったら切腹覚悟。

でもさ よく考えてみなさいよw
同じ組織の中で 長か副長かなんて 巨大組織でもない限り関係ねーじゃん。
昔の三越・岡田社長の「なぜだ!」なんて一部上場企業の話。
こんなド田舎の一組織で 長に対して責任問題? ( ゚Д゚)ハァ? おまいにも今まで見抜けなかった責任があんじゃね?
あんま デカい口 叩くんじゃねーよwww

あ゛ ・・・誰かに言わされてんじゃねーのか?w

アタマの悪いヤツの考えそうなことだよなw

ギャーーーーーーーーーーー ハ八 / \ / \

だいたい 同じ組織の上層部に居て オレは責任ねぇよ とか ありえねーだろw
わずか数名しかいない上層部だぞ?
今まで なあなあでやってきて いざ問題が起きれば ここぞとばかりに切り込んでくる。
漢(おとこ)の風上にも置けねぇヤツら。
こんな時に助け合わないで どうすんのかね。ったく。
まあ オレが長だったら とっとと切腹しちゃうね。
こんなくだらねぇ連中と同じ空気 吸いたくねーもんwww

てことで この話 オレの中では = 糸冬 了 =

ちなみに「ヤツ」からは 一切連絡なし。
てめぇのせいでアタマに血が上る思いまでしたのに ( ゚Д゚)ゴルァ!

いや・・・オレが勝手にアツくなったのですた・・・(−ノ−)/Ωチーン

< おしまい >




ラベル:能代
posted by じゃんくす at 23:59| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

アタマに血が上る

協働社の話のつづきは いずれまた(^_^;)

昔 HPに「怒りのハケ口」という掲示板を併設していたことがある。
2000年ごろと言えば 個人的趣味サイトを開設するのが流行った時期でもあり そこには必ずと言っていいほどレンタル掲示板をくっつけていた。
当サイトの「怒りのハケ口」には 連日数名の投稿があって 他愛のない話題でそこそこ賑わっていたのだが 中にはホントに怒ってる人もいてマジで話を聴いてあげたこともある。もちろん画面上で。
「アタマに血が上る」という表現がしばしば用いられることがあるが 最近 体調が変なのか 怒ると心臓がバクバク言う。
これって高血圧なのだろうか。
自営業の特権wwwとでも言おうか 健康診断は受けない。
なので 当然 血圧も血糖値もγ-GTPも何も測ったことがないので どういう状態なのかがわからない。
医者にあーだこーだ言われて それに合わせて生活習慣を変えるのも なんだか悔しいしwww
って そんなことはどーでもええんじゃw
「アタマに血が上る」である。


他人のことで腹が立つことがよくある。
この前も 特に相談されたわけでもないが 話を聴いてるうちにアタマに血が上った という出来事があった。
もちろん詳細は書けないが・・・
ヤツは 組織の一員として仕事をしてきたが ちょっとした気の緩みで正面からちとズレたことをしてしまった。
それがどの程度の「事の重大さ」なのかは正直わからん。
だが こいつの「事」を裏付けるために上司とその一派が犯した罪の方が よっぽどヤバい。
なんつっても 刑事事件として告発できる程度の話だからである。

会話の一部

ワシ「ちとまて。おまい今なんつった?・・・いやいやいや それって犯罪だろw」

ヤツ「いや だからオレだってそれについては抗議したよ」

ワシ「あのなぁ 抗議とかのレベルじゃねーぞ?」

ヤツ「( ̄ヘ ̄;)ウーン そうなんだけど オレも その あの・・・(以下詳細は略)」

ワシ「うんにゃ! おまいの所業なんぞ どーでもええわ! 何 ぬるいこと言ってんだ。これは おまいの所業が吹き飛ぶほどの出来事。犯罪だって!」

ヤツ「あ ああ まあ でもオレも(詳細は略)」

ワシ「おまいなw 家のカギをかけ忘れて泥棒に入られたからって その泥棒に正当性があるのかよ って話だwww」

ヤツ「あ・・・だな(^_^;)」

ワシ「戦えよ!いや マジで。これ 誰に聞いたって 犯罪! って言われるレベルの話だぞ。上司とその一派にさ ずいぶんと甘く見られたもんだな。おまいが訴え出ることなんて無いと思ってるな それ」」

ヤツ「ヤツらの頭では オレのナニ(所業)とヤツらの犯罪は 天秤で釣り合ってるらしい(苦笑)」

ワシ「だろうな。でもな 高く見積もっても おまいの所業(想像の域を出ないが)は刑事では不起訴のレベル。向うのは完全にアウト。不〇ア〇〇〇禁〇法違反だぞ?不起訴は無いわ」


てことで < つづく >  (*^^)v



続きを読む
ラベル:能代
posted by じゃんくす at 23:59| 秋田 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする